Apostle Hot Sauce

Apostle Hot Sauce

Apostle Hot Sauce(アポストルホットソース)は、2018年ニュージーランドの首都ウェリントンの北東に位置する小さな町Paekākāriki(ペカカリキ)で誕生しました。
マットとリディアが長い時間を掛けて考え抜いたレシピをもとに 生まれたホットソース。近所の仲間たちにも食べてもらいたいと思い、地元のマーケットに出店したところ大きな反響を得ることになり、本格的にホットソースの世界に飛び込んだ2人。
彼らがホットソースに追求するものは辛さではなく、如何に料理を美味しく引き立たせてくれるか。 手摘みのトウガラシと絶妙なスパイスの配合で成されるソースの味がその役割を果たします。 その想いはブランド名の「アポストル」にも含まれており、 美味しいホットソースの「伝道師」になりたいという意味が込められています。
一際目を引く美しいラベルはニュージーランドを拠点に活動するタトゥーアーティストによって描かれ、ニュージーランドのベストデザインアワードのファイナリストにも選ばれる程のクオリティ。正しくボトル1本1本が芸術作品です。
Hot Sauce Barの他のパートナーメーカーと同様に、着色料・保存料・香料・増粘剤を含む添加物を使用せず、新鮮な原材料のみで奥深い味のホットソースを作り続けています。
ニュージーランドからマットとリディアの心が籠もった贈り物を是非味わって下さい。
日本語